ホーム > 運輸安全マネジメント情報

運輸安全マネジメント情報

1.輸送の安全に関する基本的な方針

株式会社ニップンロジスは、輸送の安全の確保が自動車運送事業者の社会的使命と深く認識し、
全社員に輸送の安全の確保が最も重要であるという認識の徹底を図り、安全マネジメント体制の維持、継続的な改善に努めるため、
次のとおり安全方針を定め周知する。

(1) 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、
   社員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させ、また社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。
(2) 運輸安全マネジメントを確実に実施し、全社員は一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
(3) 輸送の安全に関する情報について、積極的に公表します。
(4) 安全マネジメントを全社員が一丸となって確実に実施し、PDCAサイクルの徹底により、継続的に見直しと改善に努めます。

2.目標達成のための重点施策

基本的な方針に基づき、次の項目を踏まえた取り組みを重点施策とする。

(1) 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全を管理する規定に定められた事項を遵守する。
(2) 輸送の安全に関する費用の支出・投資を積極的かつ効率的に行う。
(3) 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講ずる。
(4) 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、本社と営業所間で情報を共有する。
(5) 輸送の安全に関する教育・研修の計画を作成し、これらを適確に実施する。
(6) 当社が利用する下請事業者の輸送の安全の確保を阻害する、次の項目の行為を行わない。

・ 到着時間について、安全の確保が困難となる無理な運行を依頼すること
・ 積込み前に運送する貨物量を急に増やす依頼をすること

3.輸送の安全に関する組織体制 安全統括管理者

(1) 当社の輸送の安全に関する組織体制は、別表の通りです。
(2) 当社は平成23年4月1日に「代表取締役社長 磯崎勤」を安全統括管理者に選任致しました。

4.輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

(1) 事故削減目標

本社営業所 竜ヶ崎営業所 宇都宮営業所 全 社 計
29年
目標
28年
実績
29年
目標
28年
実績
29年
目標
28年
実績
29年
目標
28年
実績
(規則第2条)重大事故件数 0 0 0 0 0 0 0 0
(有責人身)交通事故件数 0 0 0 0 0 0 0 0
(有責物損)交通事故件数 0 3 0 0 0 1 0 4
(有責物損)流通事故件数 3 10 0 1 0 3 3 14

(2) 法令及び社内規定の遵守を確保
   関係法令及び社内規定(安全を管理する規定等)の遵守は、半期毎に教育を実施します。

(3) 輸送の安全に関する投資額(予算)

(単位:千円)
主な項目 平成29年度予算額
教育等に関する項目 安全教育費 500
安全表彰経費
エコドライブ表彰経費
2,400
1,000
設備及び機器等に関する項目 ドライブレコーダー分析 200
4,100

(4) 内部監査
   安全を管理する規定の遵守状況は、内部監査を年1回以上実施し、必要に応じて是正措置又は予防措置を講じます。

(5) 情報の連絡体制の確立
   安全会議及び班会議を毎月1回、全体会議を年1回実施し、営業所間及び班の間で情報を共有します。

(6) 輸送の安全に関する安全教育の実施計画
   安全会議、班会議、営業所会議・・・・・・・・・・・毎月1回開催
   初任教育、初任診断、添乗指導教育・・・・・・・・・随時
   研修会(省燃費、KYT、安全運転、日常点検)・・・・ 年6回以上